図書館で働く|ずっと需要のある農業に就こう|好条件の求人が沢山ある

ずっと需要のある農業に就こう|好条件の求人が沢山ある

男性

図書館で働く

メンズ

司書の存在

大学や各地域の図書館に勤務して、本に関わる仕事をする人を図書館司書と言います。専門性の高い仕事ですから、司書の資格を取る為の専門の講習もあり、毎年多くの人が受講しています。実は、実際に図書館で働いている人の多くは派遣の司書なのです。つまり、図書館で働きたいなら派遣会社に登録して働く方が近道だと言えます。派遣の図書館司書の大半が司書資格を取得しているので、登録前に資格は取っておいた方がいいでしょう。全国各地に図書館はありますから、求人情報を探すうえでも図書館とのパイプがある派遣会社や学術系に強い派遣会社に入る方が近道です。図書館の仕事は人気が高いですが、求人情報が入り派遣会社から次第教えてもらえます。

仕事は様々

正規雇用されている図書館司書と派遣の司書との仕事の差はそこまでないと言われています。具体的な仕事内容はカウンターに立って本の貸し出しや返却への対応したり、蔵書の整理や清掃などです。想像以上に体力が要求される仕事ですから、自己管理はしっかり行った方がいいでしょう。他にもブックカバーやラベルの貼り付けなどの細々とした仕事も行いますが、特に重要なのがレファレンス業務と目録の作成です。レファレンス業務は、図書館の利用者が必要としている本が見つからない場合に、最適な本を見つける手伝いをする仕事を指します。目録同様に特に専門性が高いので、派遣でこの仕事をする求人情報がある場合は、資格を持っていることが有利になります。